2012年09月17日

(民法)父親を殺害し、刑に処せられた息子は母親を相続できるのか?(1)


こんにちは。今回は相続法から少しややこしい部分を解説します。

民法には相続欠格という制度があります。簡単に言うと、相続欠格に該当する者は相続権がはく奪されます。

では、どういう場合に相続欠格に該当するのか?

まず、民法891条第1項1号を見てみましょう。

故意に被相続人又は相続について先順もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

とあります。結構いろんな条件があります。

では、タイトルの事例を解説します。

(事例)
父親Aと母親Bの間に息子C(実子)がいます。ある日、Cは父親Aを殺害し、逮捕され、有罪判決を受けました。その後、母親Bが病気で亡くなりましたが、息子CはBを相続することはできるのか?

近年、家族間での殺人事件が後を絶ちませよね〜嫌な時代になったものです。まぁそれは置いとくとして、

この場合、CはAを殺害して刑に処せられていますから、当然、CはAを相続することはできません。条文で言うところの被相続人を死亡するに至らせですね。これは問題ないと思います。

では、母親Bが亡くなった場合の相続はどうなるのか?Cは相続することが果たしてできるのか?

答えてとしては、できません。

なぜなら、父親Aが生きていた場合の母親Bの相続人は、AとCです。母親Bの相続を見ればAとCは同順位なんです。

そこで、Cは同順位である父親Aを殺害しました。つまり条文でいうところの‘同順位にある者を死亡するに至らせ'ですね。

なので、母親Bの相続に関してもCは相続欠格者と言うことになります。

(結論)
母親Bの相続に関してもCは相続欠格者となり、CはBを相続することはできない

お分かりいただけましたでしょうか?

尊属殺などはあってほしくないですが、法律ではこうなってます。
尊属殺に関しては憲法でも重要な判例がありましたね。ついでに押えておいてください。法の下の平等のところでした。



では、今日はこの辺で。次回も相続欠格についてです。お読みいただきありがとうございました。




今日もポチっとお願いいたします。




posted by 行政書士試験WEBアドバイザー YASUHIRO at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | (民法)相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292906011

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ