2013年01月12日

土地に植栽した立木の所有権の行方!




民法第242条には、

不動産の所有者は、その不動産に従として付合した物の所有権を取得する。ただし、権原によってその物を付属させた他人の権利を妨げない。

とあります。



この条文の前段について、簡単に言ってしまえば、



何の権限もない人が、他人の土地に木を植えた場合、その木の所有権は土地の所有者のものになります。と言う事です。



これは社会経済上の要請からこのような規定になっております。



では、条文の後段について、


これは例えば、「賃借権」や「地上権」と言った土地の使用権原がある場合には、他人の土地に木を勝手に植えようとも、当然所有権は植えた人のものになるという事です。(条文上の他人の権利とは木を植えた人の木に対する所有権のことです)




では、問題です。

【問題】
BがA所有の甲土地に無権原で立木を植栽した場合、AはBに対し当該立木を収去して甲土地を明け渡すよう請求することができる。


【答え】
×


これは簡単ですね♪



甲土地に植栽した木の所有権は誰にあるのか?という事を考えればすぐに分かります。



はい。木の所有権はBではなくAにありますね。



木の所有権がAにある以上、Bに対して木を収去しろと言うことができるはずがありません。


命運を左右する40字記述式!記述式問題集


以上お読みいただきありがとうございました。



次回は、建物の増築についてです。



今日もポチっとお願いいたします。
 
 ↓

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
posted by 行政書士試験WEBアドバイザー YASUHIRO at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | (民法)添付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312778883

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ