2013年01月25日

行政手続法〜第9条 情報の提供



第9条
1、行政庁は、申請者の求めに応じ、当該申請に係る審査の進行状況及び当該申請に対する処分の時期の見通しを示すよう努めなければならない。
2、行政庁は、申請をしようとする者又は申請者の求めに応じ、申請書の記載及び添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供に努めなければならない。




第9条は2項とも努力義務となります。



1項は、申請者からの求めがあれば、審査の進行状況処分の時期の見通しを示すよう努めなければならないというものです。



ただ、申請に係る許認可が下りるかどうかについては行政庁は答える必要はありません。これは審査の結果であって、進行状況でも処分の時期でもありませんから。



2項は、申請者からの求めがあれば、申請書の書き方とか添付書類にはどのようなものが必要なのかとか、費用がどれくらいかかるのかなど、申請に必要な情報について行政庁は答えるよう努めなければならないというものです。



とてもシンプルな条文で分かりやすいのではないかと思います。



皆さんも何かお役所に申請する時は、分からないことがあればこの条文を盾にしてジャンジャン電話して聞いちゃってください。きっちり答えてくれるはずですから!(昔は結構面倒臭がられたみたいです)




ポチっとお願いいたします。
 
 ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

過去問対策は不可欠!様々な過去問集



大四角1
posted by 行政書士試験WEBアドバイザー YASUHIRO at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | (行政手続法)申請に対する処分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ