2013年12月14日

(行政法)義務付けの訴え その1




行政庁が、本来、私人に対して何らかの処分をすべきであるにもかかわらず、それを放置し続け、私人としては大変困ってしまう…なんてことがあります。


こういう状況に対して、私人としては、法律上、何か打つ手はないものでしょうか?


例えば、私人が行政庁に対して、法令に基づいた申請をしたにもかかわらず、これをずっと放置されたままで何の応答もない…なんて場合には、


不作為の違法確認訴訟というものがあります。


行政事件訴訟法第3条第5項
この法律において「不作為の違法確認の訴え」とは、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らかの処分又は裁決をすべきであるにかかわらず、これをしないことについての違法の確認を求める訴訟をいう。



なんだ〜ちゃんと用意されているじゃないか。と思われるかもしれませんが、この不作為の違法確認の訴えは、「行政庁の不作為は違法である!ということの確認」を求めるだけの訴えであって、裁判所が行政庁に対して、何らかの行為をしろ!と命ずることはできないわけです。


行政庁としては判決で不作為は違法だ!と言われれば、何らかの応答をすべき義務を負うことにはなりますが(第33条1項・第38条1項)、判決の拘束力は応答内容には及ばないため、申請の拒否処分がなされる場合もあり得ることになります。(判決から先は行政庁の自由…)


では私人は、こういう場合どうしたらいいのでしょうか?


ここで登場するのが「義務付けの訴え」です。


行政事件訴訟法第3条第6項
この法律において「義務付けの訴え」とは、次に掲げる場合において、行政庁がその処分又は裁決をすべき旨を命ずることを求める訴訟をいう。
一  行政庁が一定の処分をすべきであるにかかわらずこれがされないとき(次号に掲げる場合を除く。)。
二  行政庁に対し一定の処分又は裁決を求める旨の法令に基づく申請又は審査請求がされた場合において、当該行政庁がその処分又は裁決をすべきであるにかかわらずこれがされないとき。




実は、この義務付けの訴えは、平成16年の行政事件訴訟法改正までは明文では存在していませんでした。

しかしながら、改正前であっても、学説や判例においては、行政事件訴訟法に規定されている抗告訴訟は理論的に考えられる抗告訴訟の中でも特に典型的なものだけを定めたわけであって、そこに規定されていないからといって、必ずしもできない、という考え方は取らず、明文にはないけれども理論的には考えられる抗告訴訟を「無名抗告訴訟」と呼んで、限定的ではありますが認めてきました。

その一つが、義務付けの訴えという形で存在していたわけです。


しかし、この義務付けの訴えは、無名抗告訴訟として存在していたにもかかわらず、実際上は、ほぼできないものとしてされてきました。


それはなぜかと言いますと、「行政庁の第一次的判断権の尊重」を損なう可能性があるとされていたからです。


つまり、行政庁が何か行政行為をしようとしている場合には、まず行政庁自身が適法な行為であるのかどうかを判断して行い、事前に裁判所がしゃしゃり出てきて判断をするべきではなく、裁判所は事後的に行政庁の行為を適法なものなのかどうかを判断するのが役割である。という考え方が強かったからなのです。


もっともだという感じですよね。だって裁判所が行政庁の行為を事前に義務付けようって言うんですから、三権分立にも抵触しそうなものですし…


しかし、平成16年の改正で、行政事件訴訟法に「義務付けの訴え」についての規定が明文化されました。(差し止めの訴えも同様)


これで晴れて、無名…などと言われずに、堂々と名乗ることができることになったわけですが、無条件で利用できる訴訟なのかといわれると…全くそんなことはなく、未だに、限定的・補充的な意味合いを残しています。


次回は、義務付けの訴えについて、申請型・非申請型について分けてお話させていただきたいと思います。




本日もお読みいただきありがとうございました^^


ランキング応援ポチ!をよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓



posted by 行政書士試験WEBアドバイザー YASUHIRO at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | (行政事件訴訟法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ、参考にさせて頂いています。

以前、「文章をかくことは大変」とのコメントがありましたが、私もそう感じます。特に、このごろはそう思います(同じことを書いていても、何年か前の方がいいこともありますね−落ち込みますが)。

とうことであまりコメントも出せない私ですが、そんなことが共感して(?)、今回出させてもらいました。

今後も頑張って、文章を書き続けてください。
大変よく理解できますので・・。
Posted by 法律だいすきになーれ at 2013年12月19日 11:52
法律だいすきになーれ 様

コメントありがとうございます。

まとまりのある文章を書くことは本当に難しいな…と思いながら、日々、記事を書いております。

更新頻度はそう高くありませんが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by YASUHIRO at 2013年12月19日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。